ウッドガスストーブ【1号機】自作③ ~燃焼実験~


いよいよ、待ちに待った燃焼実験です(*´ω`*)




枯れ木を集める余裕がなかったので、木質ペレットを少量購入し試してみました。




今回使用したペレットは200gくらいでしたが、内窯が2L缶と大容量なので、木質ペレットを使うなら大入り袋を買ったほうが良さそうです(;^ω^)




いよいよ点火!





着火剤に火をつけると、チムニー効果も相まって1分程度で火柱が上がりました。



でも、まだ2次燃焼は起きてません。。。


2~3分様子を見てると・・・


徐々に内窯の排気穴から炎が上がり始め・・・





2次燃焼無事成功です(●´∀`)人(´∀`●)
排気穴から細い炎の柱が上がってとてもきれいでした~

さらに内窯の蓋を加工したものをかぶせ、径を小さくしてみると・・・




中心に炎が集まり、さらにいい感じに・・・


と思ったら・・・・






火柱すげーΣ(・ω・ノ)ノ!ヤリスギ

一応成功なんでしょうけど・・・二次燃焼おそるべしです(;^ω^)







ここで、お湯が沸くかの実験を。

自宅のコンロの五徳が神フィットだったので、ちょいと拝借し




水をいれた鍋をセット







炎に包まれた鍋は、沸騰までわずか2分と・・・瞬殺でした(。-∀-)


しばらくすると、目に見える炎はなくなり、熾火の状態になりましたが・・・


この状態でも開口部付近は相当熱いです。

この状態で水が沸騰するのか試してみたところ・・・



熾火が消えかけたころで試したので沸騰まではしませんでしたが、指が入れられないくらいの熱さまで水温が上がりました。

調理は熾火の状態で行ったほうが安全かもしれませんね~



一回目にしては大成功で幕を閉じた今回の燃焼実験ですが、一応問題点もいくつか発覚しまして・・・


【問題その1】



完全燃焼しているはずですが、このウッドガスストーブは煤がハンパないっすね・・・
銀色の鍋が一瞬にして真っ黒にorz
これ、毎回お湯を沸かすたびに真っ黒になられてたら、洗い物が面倒で・・・
調理器具への炎の当て方は要検討です。。。
熾火で調理すれば良いのでしょうが、熾火を維持するのも大変ですからね~



【問題その2】



内窯の底穴が8mmでは大きかったようで、燃えている燃料が下に落ちてきてしまいました。。。
これだと燃費がとんでもなく悪くなるので、ネットのようなもので穴を小さくしないとです。。。



【問題その3】


今回の燃焼実験は、完全に消火するまで30分くらいの燃焼でしたが、内窯の痛みが激しいような気が・・・
この先、何回で壊れてくるのか・・・ちょっと不安ですね。。。



そうそう!
肝心の煙ですが、木質ペレットを使ったせいもあると思うのですが、驚くほどに煙は出なかったですね~
一次燃焼でチムニー効果が発生するまでの1分程度は煙が少々出ましたが、チムニー効果で火柱が立ってからは、煙の臭いは全く感じられず、街中で焚き火をしても近所迷惑にはならなさそうな予感(●´ω`●)



次は問題点を改良して二度目の燃焼実験をしたいと思います(^^)/


~ウッドガスストーブ一号機関連記事~





【 P R 】



■電気代ゼロ生活の太陽光発電をお得に設置する方法

グリーンエネルギーナビは、実績No.1の「太陽光発電販売会社紹介サイト」です。
有名パネルメーカーを扱う全国450社以上の優良販売施工会社のなかから厳選してご紹介し、各社からのお見積書・ご提案を比較して頂けますので、お得な価格で満足のいく導入をご検討いただけます。



0 件のコメント :

コメントを投稿