【温燻】塩鮭の切り身で鮭とばを作ってみた(研究中)

鮭とばって美味しいですよね~

そのままでも良いですが、トースターで軽く炙ると、鮭の脂が染み出て香ばしさを増し・・・(*´ω`*)至福

でも・・・

高いんだよな~。・゚・(ノД`)ヽ(゚∀゚ )アヒャヒャ


鮭とばは、冬場に塩漬けした鮭を冷風で乾燥させて作ってるらしいのですが・・・

スモークサーモンがあるくらいだから、鮭の燻製(鮭とば風)ってのも意外といけるのでは??

と思い、試してみたところ・・・


激ウマでした!(●´ω`●)





まだ試作段階ですが、一応ご紹介(^^)/



加工・塩漬け

まずは食材選びから・・・
今回は紅鮭の切り身(甘塩)を使用しました。
鮭の切り身に表示してある、甘塩とか辛口って・・・実はあまり正確な表示ではないらしいんですよね~。じゃあなんで書いてあるのか??



なぜでしょう┐(‘~`;)┌ワカラン




一応燻製にすると味が濃くなるため、あまり塩辛くないものを選んでください。

それから部位ですが・・・

できるだけ腹身は避ける\_(・ω・`)ココ重要!


背中側か尾に近い部位か・・・
焼き鮭を作るなら断然腹身の部分ですが、今回はジャーキーということで脂は少ないほうが美味しくできると思います。



でもって、加工は・・・
とりあえず、ウロコと中骨を取り除き、鮭とば風になるよう、切れ目を入れてみました。


塩漬け・脱水は今回は不要です。


だって・・・塩鮭だもん(/ω\)








塩抜き・風乾

なので、塩抜きも不要です(´∀`*)ウフフ


風乾はしてくださいね~



風乾の時の注意点ですが、鮭の身を切りましたが、切り身同士がくっつかないよううまく乾燥させてください。(もしかしたら切込みはいらなかったかも)

今回は3時間程度乾かしました(研究中)


燻煙

生のまま乾燥させて食べるには勇気が要りますので・・・

温燻で火を通すことに(;^ω^)

庫内温度は65℃前後を維持し・・・

まずは熱乾燥を2時間




したたり落ちてくる水分がなくなったら、燻煙開始です!


スモーク材は
クルミのスモークウッドとウッド重量の5%程度のピートパウダーをミックスしました。




1時間ほど燻煙にかけると・・・見事な紅色に変化!!




この状態では、燻された焼き鮭の域を超えないので・・・風乾です




風乾

風乾は外気にさらしながら3~4日ほどしました。

始めは透明感のない紅色だった鮭ですが・・・




数日風乾させると・・・




本物の鮭とばのように透明感のある紅色にΣ(・ω・ノ)ノ!





食べてみると・・・


えらく美味しいじゃないですか~(=´∀`)人(´∀`=)



このままで成功のような気がしないでもないですが・・・

工程はもう少し改良できそうな気が・・・しないでもない




 ^^) _旦~~





■今回使用した燻製材の紹介■

【ユニフレーム フォールディングスモーカー】
大容量ながら、収納時は折りたためてコンパクトになる優れもの。
持ち運びも容易なため、キャンプ場で燻製料理をしたい方にはオススメのスモーカーです。



【ピートパウダー】
ピートは香りが独特なため単体での使用はお勧めしませんが、他のスモークウッドの5~10%程度の重量のピートを組み合わせると、とても芳醇で本格的な燻製の香りに変化します!肉系の燻製には欠かせないスモーク材のひとつです。



【スモークウッド クルミ】
クルミは色づきも香りもほどほどに、クセのない味が楽しめるオールラウンダーの燻製材です。食材を選ばず使えるため、迷った時の燻製材として重宝しています。
燻製をこれから始めようと思っている初心者さんには、その扱いやすさから特にオススメです。







【 P R 】



■電気代ゼロ生活の太陽光発電をお得に設置する方法

グリーンエネルギーナビは、実績No.1の「太陽光発電販売会社紹介サイト」です。
有名パネルメーカーを扱う全国450社以上の優良販売施工会社のなかから厳選してご紹介し、各社からのお見積書・ご提案を比較して頂けますので、お得な価格で満足のいく導入をご検討いただけます。



0 件のコメント :

コメントを投稿